保険代理店、生保営業職員、保険営業、マーケティング、コンサルティング、ヒント集
 TOPページ > 実践教材・ツール一覧 > 
     
“死亡保障”の存在感を取り戻せ!
     

   
 
 
《ポイント1》 独特の切り口で、生命保険本来の機能である“死亡保障”の検討に
        向かわせる思想と“トーク”
を動画講座で解説
《ポイント2》 顧客の保険検討事例ツールを2種類添付(法人・個人に活用可)
《ポイント3》 個人保険でも定期保険だけではなく、長期平準定期や終身保険等の
        貯蓄効果の高い保険提案の動機付けが可能
   
   
 
 
生命保険金額がステータスになり得た頃には、『契約する死亡保険金額は大きければ大きいほどよい』という感覚が確かに存在していました。ところが長く続いたデフレ社会の中で、他の商品同様、いつのまにか『保険は安ければ安いほどよい』という感覚が、一般に浸透してしまったかのようです。

ところが、今もなお“必要保障額”から保険金を設定するという方法以上の視点がなく、提案現場では、安値を求めるユーザーと高値に留まる必要保障額の間で、かなり“強引なトーク”や“必要保障額否定”等を展開しなければならないケースも少なくないようです。

そんな“営業行動上の矛盾”が、営業トーク形成の障害を作るのみならず、ユーザーの納得性をもそこないかねず、その結果、市場での生命保険の“存在感”は、著しく低下していると言わざるを得ないかも知れません。

そこで
   ⇒生命保険の本来的特質である【死亡保障】検討手順を再創造
することで、“つっかえ”のようなものを取っ払い、正面から生命保険を検討できる王道を作る、というのが今回の教材の企画趣旨です。

従来の手順にこだわっても、あるいは従来の手順を無視しても、顧客に覚悟を迫るほどのパワフルな営業はできません。今、唯一生命保険だけが持つ“死亡保障機能”を正面に掲げ、顧客と真っ向勝負ができる“ポジション”を、再構築すべき時に来ていると考えられるのです。

以上のような考え方から、分かりやすく“死亡保障”を提案しながら、個人や経営者に“具体的な検討”を勧めるストーリーを“動画講座”と“情報ツール”にしました。
ぜひ今後の営業活動にお役立てください。
   
   
 
 
顧客と保険の商談を始めるための《コミュニケーション・ツール》として、2本の“保険検討事例”レポートを企画作成しました。1つの目のレポートは、 ある共働き夫婦が、従来の発想にとらわれずに、生命保険を生き生きと検討する過程を事例としてとりまとめたものです。(【タイトル】意外に身近だった“財産形成”法とは?)

そしてもう1つのレポートは、死亡保障を検討する新たな視点を中心にとりまとめました。(【タイトル】行動“予算”発想から死亡保障再検討

特に“新しい考え方”を顧客に伝える場合には、口頭での説明だけではなく、掘り下げた思考を分かりやすく事例で伝える【読み物】が有効に作用します。ぜひお試しください。


 ☆☆☆ 商品構成・仕様 ☆☆☆
下記の《1》〜《4》を1枚のCD-ROMに収納してご提供致します。
本教材のCDは、パソコン専用です。一般のCDプレーヤーではご利用になれません。
CDプレーヤーでもお聴きになりたい場合は、《5》の有料オプション付きをご選択ください。




《1》講師 森克宣 による動画解説(約55分)
新しい時代の死亡保障とは一体どんなものか。そして、どんな提案が現代人を死亡保障検討へと向かわせるのか。講師がパワーポイントセミナー動画セミナー方式で解説いたします。

【タイトル】
  視点大転換で“保険検討”の重要性を“再”創出
  “死亡保障”の存在感を取り戻せ!

  【第1章】今なぜ“存在感”なのか?
  【第2章】現状を再認識しておこう!
  【第3章】脱“現状”の方向性とは?
  【第4章】“新機軸”のスタート点
  【第5章】どこが“新機軸”なのか?
  【第6章】新機軸の内容/個人契約
  【第7章】保険提案の実践的な流れ
  【第8章】5%目安の本質的な意味
  【第9章】新機軸の内容/個人契約
  【第10章】法人が考えるべきプラン
  【第11章】まとめ

 【講師】株式会社エフ・ビー・サイブ研究所
      代表取締役 森克宣
《2》2種類の顧客向けレポート(Wordデータで提供)
既存先や見込み先、更には新規先と、新しい商談を始める際のコミュニケーションのきっかけを作るため、2本のレポートを添付しています。
【レポート1】
  【タイトル】意外に身近だった“財産形成”法とは?
【レポート2】
  【タイトル】行動“予算”発想から死亡保障再検討

《3》キャッチ文とレポート送付状(Wordデータで提供)
上記顧客向けレポートの希望者を募るキャッチ文と、上記レポートを郵送する際に添付する送付状を添付しています。キャッチ文は、FAX用のモノトーンもあります。
《4》顧客向けレポート活用法解説書(PDFファイル)
顧客の保険検討事例をご紹介した、上記2本のレポートの基本的な使い方や、内容趣旨、役割について解説した解説書を添付しています。

《有料オプション》
《5》音声のみ解説(約55分)/有料オプション
上記《1》の動画解説の音声のみを収納したオーディオCDです。
一般のCDプレーヤーでもお聴きになりたい場合には、オプション付き教材をお求めください。
システム・ソフト要件 【動画解説視聴】
パソコン専用CD−ROMでご提供します。
※動画閲覧のためには、AdobeFlashPlayerのバージョン10以降
(無償ダウンロード可)が必要です。 ⇒ダウンロードサイトへ

※音声を一般のCDプレーヤーでお聴きになりたい場合は、
 有料オプションの《オーディオCD付き》をご選択ください。


【データ活用に必要なソフト】
 ・Word2000以降のバージョンに対応
著作権のお取り扱い Wordでご提供する上書き可能な文書データのご使用は、顧客や紹介者に対しての活用であれば、加筆修正も自由です。ただし、データをホームページで公開したり、機関紙等に投稿することは、本ツールを導入している他の皆様の活動を害する危険があるため、“著作権違反”とさせて頂きます。
ご不明点等ございましたら、(株)さいぶ編集総研まで、
電話(03-5996-1838)またはメール(info@cibe.co.jp)で、ご確認ください。
なお本ツールの著作権は(株)エフ・ビー・サイブ研究所に帰属します。
企画・解説講師 株式会社エフ・ビー・サイブ研究所 代表取締役 森 克宣
プロフィールは以下をご参照ください。


☆☆☆ 講師・企画者紹介 ☆☆☆
(株)エフ・ビー・サイブ研究所
代表取締役 森 克宣

京都大学法学部卒業。大手コンサルティング会社の、ノウハウ研究所責任者を経て、2000年株式会社エフ・ビー・サイブ研究所を設立現在、保険代理店、保険コンサルタント、士業事務所の経営・営業支援を行う会員制組織【気付きリードマーケティングの会】を主宰。
新日本保険新聞(生保版)では、1997年より20年以上にわたりコンサルティング営業や提案・クロージング等の企画記事を連載中。
当【保険いいヒントサイト】監修。
書籍:『経営者との《良質接点》形成秘伝』(CIBE経営双書)


☆☆☆ 価格及びお申し込み方法 ☆☆☆
商品名    視点大転換で“保険検討”の重要性を“再”創出
    
“死亡保障”の存在感を取り戻せ!
商品価格 (税込) ◆会員価格ご案内◆  ⇒会員とは?
  ◇PC専用CDのみ⇒ 9,900円(税込)
  ◇CDプレーヤー対応CD付き⇒ 11,000円(税込)


◆一般(非会員)価格ご案内◆ 
  ◇PC専用CDのみ⇒  15,400円(税込)
  ◇CDプレーヤー対応CD付き⇒ 16,500円(税込)

送料 1回送付につき650円(複数商品ご購入の際の送料は650円のみです。)
お支払方法 代金引換(代引手数料無料) または 口座振替
納  期 原則お申込日の翌日から3営業日(土・日・祝日除く)以内に発送致します。
商品お問い合わせ先 株式会社さいぶ編集総研 担当:森 千晶
 TEL:03-5996-1838  FAX:03-5988-0626
  Email:info@e-hint-ins.jp

 会員価格:9,900円(PC専用CDのみ)
     
         数量:

 会員価格11,000円(PC用+CDプレーヤー対応CD付き)
     
         数量:

 一般価格:15,400円(PC専用CDのみ)
     
         数量:

 一般価格:16,500円(PC用+CDプレーヤー対応CD付き)
     
         数量:

     
  このページのトップへ  
     
Copyright(C) CIBE Editorial Institute, Ltd. All Rights Reserved.